ブログ

いつもお世話になっているブラウンワークさまより、素敵な残暑お見舞いが届きました。 木のうちわに社名のロゴがはいっています。仰ぐと木の良い香りがして癒されます。 風もやわらかい感じがして、やさしいです。 ナチュラルで素敵ですねえー!   心温まるお心遣いに姉妹ともどもほっこりしました。 今後ともよろしくお願いします!   埼玉県東松山市の地盤調査会社 ブラウンワークさま https://brownwork.co.jp/

カウニスクッカではホームページの制作やレッスンなどでジンドゥー(Jimdo)を使わせていただいています。
先日、KDDIウェブコミュニケーションズのジンドゥー担当者さまからご連絡をいただき、お会いしていろいろとお話をしてきました。


名刺をいただき、ロゴが変わったことからお話スタート。
ジンドゥーの良いところ、改善してほしいところなどをお話したのですが、特に改善してほしいところにはユーザーみんなが感じていることが多いようで、担当者さまも「よく言われます」と申し訳なさそうにおっしゃっていました。


お話を伺い、ジンドゥーが「誰でもホームページが作れるツール」であることを再確認。
講座やレッスンで、しっかりアピールをしていきたいと思います。


同世代の担当者さまとお話して、たのしい時間でした。
遠い川越まで足を運んでくださり、ありがとうございました。


ホームページ作成サービス

ジンドゥー
https://jp.jimdo.com/

こじんまりとした人気店

「ALLPRESS ESPRESSO」に行ったときに、気になっていたアライズ コーヒー ロースターズにも寄りました。
こじんまりとした店内に大きなロースターがあって、人でいっぱい。
お店のかたも接客とドリップとをいそがしそうにしています。

少し待つと順番が回ってきました。
コーヒーのことはよくわからないので「おすすめは?」と聞いてみました。
バランスの良いペルーともう一種類(名前は忘れてしまいました)とのこと。
もう一種類はいちごのような香りがしますと挽いた豆のにおいを嗅がせてくれました。

冒険できない性格なので、ペルー(エミリア・ロペス)にしました。
こういう時に、ちょっと違う方を選べるようになりたい…!

値段は100gで900円くらいでした。
(あとでちゃんと調べます…)

ど素人が淹れてもおいしい

ハンドドリップで淹れてみました。
ドリップど素人の私が淹れても、酸味とコクのバランスがとても良くて、すごい豆です!
ブラックでもおいしいのですが、ミルクを入れてもまろやかさが加わっておいしい。
普段の豆よりちょっと高いけれども、やっぱりいいものはいいですね。

ドリップが上達したら、ぜひまた飲んでみたいです。
その時はまた違った印象を受けることになると思います。
ただ、清澄白河が自宅から遠くて、一生であと1回行く時があるのかな……!?

カフェ街・清澄白川の注目カフェ「オールプレス・エスプレッソ」

先日、念願の清澄白河に行ってきました。
友人から「カフェは点在しているから、目的のお店決めたほうがいいよ」とアドバイスをもらったため調査。
豆も購入したかったので「ロースタリーカフェ」で絞り込み、オールプレス・エスプレッソ東京に決めました。

行ってみると、店の奥に大きな焙煎機が。
意外と席数は少なかったです。
外国人も多く、店員さんもフレンドリーな感じでした。
お店ではカフェラテとベジタブルプレートを注文しました。

定番のエスプレッソロースト

お店に行ったのは3月末で「さくら」という豆が出ていました。
香りに特長があるとのことで、お店の方と相談して定番のエスプレッソローストに。
250gで1,800円です。
オリジナルのショッパーがレコードのバッグみたいで可愛かったです。

 

おまんじゅうする新鮮な豆

豆はエスプレッソローストということで、深い焙煎がされているようです。
さすがロースタリー、豆は新鮮で油がでていなくてさらさらしています。
ドリップしたときも、しっかり「おまんじゅう」しました。

コクがあるのにすっきりさらりとした味

家で豆を挽きました。
カリタとコーノのドリッパーでいれてみたのですが、コーノのドリッパーのほうがおいしかったです。
(まだ初心者なのであまりアテにならないとおもいます…すみません。)

ドリップがまだまだ下手なので、味が安定しませんが…
しっかりローストされているのに、焦げ臭くなくておいしいです。
深いコクがあるのに、すっきりさらりとしていています。

私はコーヒー好きな割に、ブラックで飲めません。
必ずカフェオレなんですが、このコーヒーはミルク少な目でOKでした。
そのくらい、すっきりとして飲みやすい豆です。

やっと味が安定して美味しく感じてきたのに、豆が無くなりました。
普段購入する豆よりおいしかったので、もう少しいろんな豆を飲んでみたら、もう一回チャレンジしてみたいです。

番外編:リカシツの取っ手付きビーカー

コーヒーを淹れるときに、きちっと量りたいと思ってチェックしていたものも購入。
リカシツというお店の取っ手つきビーカー(300ml)、もちろん耐熱です。
このお店には三角フラスコやシャーレなど、いろんな実験器具が売っていてわくわくしました。

手のひらに乗るかわいいプリン

八王子駅構内の2019年3月マンスリースイーツは「vuke(ブーケ)」のプリンでした。
たくさんの種類のプリンが並んでいて、手のひらに乗るサイズでどれもかわいらしいです。
迷いましたが、赤くてかわいいストロベリープリンと、大きな掲示が出ていたレトロプリン(現在は取扱いがない?)を購入しました。
瓶だから少しだけ重いけれど、おもたせにピッタリのサイズ感です。

vuke(ブーケ)とは?

vuke(ブーケ)は埼玉県さいたま市に本店のあるプリン専門店です。
vukeとはスワヒリ語で「蒸気」の意味。
プリンを丁寧に蒸しあげ、なめらかに仕上げているそうです。

店舗・催事出店のほか、通販でも購入できます。
素材にもこだわっていて、ミルクに生クリームをブレンドした牧場ミルクや、弾力があり濃厚な那須御養卵マダガスカル産バニラを使用しているとのことです。

甘酸っぱく、とろとろのいちごプリン

ころころとカットされたいちご(とちおとめ)がジュレと一緒にプリンの上に乗っています。
食べるといちごのフレッシュで甘酸っぱい風味とまろやかなプリンの風味がブレンドされます。
プリンはとろとろとしてなめらかで、すぐに口の中で消えてしまいます。
あっという間になくなってしまい「おいしい」けど、なんだか「はかない」スイーツです。
日持ちは購入日から2日間でした。

このストロベリープリンは季節限定の中でも一番人気とのことです。
2月~4月末まで販売されています。

レトロプリンのお味は…

レトロプリンは3月中に販売が終わってしまったようです。
ストロベリープリンのようにとろとろではなく、スプーンの上で形が残るしっかりしたプリンです。
「昔懐かしい」というテーマのようですが、マスカルポーネや生クリームを使っていて、昔のプリンよりリッチでめっちゃおいしいです。
こちらも日持ちは購入日から2日間でした。
かなりおいしかったので、また食べたいな。

ありがたいことに・・・・・
今年もウェスタ川越のウェブデザイン講座を担当させていただくことになりました!


じゃーん!!作っていただいたチラシがこちらです。かわいくしていただきました。

こちらはウェスタ川越や市内の公民館などで配布されます。
今年はなんと前期&後期の2期!


前期はJimdoを使うのがはじめての方向けの講座。Jimdoの初歩的な使い方がメインです。
みなさんで見本のホームページと同じものを作っていただきます!
後期は昨年の講座&今年の前期経験者の方向けに少しステップアップした講座(予定)です。
(後期講座の日程・受付は後日発表になります。)


<ウェブデザイン講座 前期日程>
日時:4/4(木)・18日(木)・5/2(木)・5/16(木)・5/30(木) 14:00~16:30
場所:ウェスタ川越2階 活動室4
受付開始:2/21(木)9:00より ウェスタ川越にて(先着受付)
※カウニスクッカでは受付しておりませんのでご注意ください!


詳しくは以下でご確認ください!
http://www.westa-kawagoe.jp/course/detail.html?id=260


今年も新たな受講生の皆さんとお会いできるのを姉妹ともどもわくわくしております。
よろしくお願いいたします!

正月恒例のおたのしみ!

昨年に引き続き、今年もTully’s Coffeeのハッピーバッグを買ってみました~!
価格が2種類(5000円/3000円)あり、3000円のものにしました。
予約しないで買えるのがうれしい!!
(スタバはオンライン抽選ではずれてしまいました…。)

中身は昨年と大きな変化なし!

コーヒー豆はグァテマラ。
チョコレートやカラメルのような香りで、カカオのような風味。
バランスの良い味わいということです。

ドリップバッグ「シングルサーブ」。
「漬け込み式」でお湯を注いで3分待つタイプです。
スムースな飲み口が特徴とのことです。

干支を背負ってるタリーズミニテディ

トートバッグは赤とこの色の2種類ありました。
(5000円のものはグリーンでした。)
昨年と同じく、便利なタンブラーホルダー付きのバッグです。

キーホルダーはタリーズミニテディがいのししを背負っています。 干支のキーホルダー、クオリティが高くて毎年楽しみです。

やっぱりお得なハッピーバッグ!

うず巻きの缶はコーヒーキャンディ
さっそくいただいたら、さすがコーヒーショップのおいしさです。

ドリンクチケットは5枚。
(5000円のものは8枚ついています。)
1枚でショートサイズのドリンクと交換できます。

例えばカフェラテ(シングル)が360円×5=1,800円
コーヒー豆が1,000円くらい。
シングルサーブも1,000円くらい。
とすると、3,000円のハッピーバッグはかなりお得な気がしませんか~!?

まだまだ先のはなしですが、来年も買ってしまいそうです…。

八王子で発見!熱海の新名物

八王子駅の改札内売店で、2018年12月のマンスリースイーツとして販売中の「熱海プリン」。 かわいい赤ドットと、ユーモラスなカバという独特なパッケージに引き寄せられてしまいました。

チョコレート、大学芋などいろいろなフレーバーがありました。
とりあえずプレーンな「熱海プリン」を購入。
4個セットでついてくる外箱が昔懐かしい牛乳箱の形でまた面白い!

店員さんに「少し重いので気を付けてお持ち歩きください」と言われました。
なるほど、ガラス瓶なので4本セットだと少し重いかな。

わたしは初めて見ましたが、熱海の新名物としてみなさんご存知でしたか?

これまた独特なカバ型容器

家に持ち帰って箱を開けてみると、プリンに上の写真の容器がゴムでとまっていました。
カ、カバ~!?
プレーンの「熱海プリン」のカラメルソースは、このカバ型容器に入ってくるそうです。
外箱といい、徹底的なアソビゴコロに嬉しくなりました。

と、同時にこんなに遊んでいて「味は大丈夫なの?」と心配に……。

本気のおいしさにびっくり!

ひとくち食べてみると、心配は杞憂で、とてもおいしいなめらかなプリン!

外箱に「懐かしくてもう一度食べたくなる…」と書かれていて、昔風の卵多めの固い蒸しプリンを想像していました。 でも実際は全然違って、良い意味で期待を裏切られ、うれしい。

なめらかで、かろうじて固まっているようなやわらかな食感。 ほんのりあまくてやさしい風味。
カラメルはさらっとしていて、ほろ苦く甘すぎず(2種類のカラメルを混ぜているそうです)よく合います。
ほんとうにおいしくてあっという間に完食してしまいました。
飲むに近いのかな。また食べたい!

わたしが購入したものは、日持ちは5日間でした。
(ちょっと重いかもしれないけれども)熱海観光のお土産にぜひ。
公式ホームページでは通販も行っているようです。

最近のエントリー

アーカイブ

カウニスクッカへの
ご相談・お問い合わせはお気軽に!

カウニスクッカ